フィリピンは暑い!けど良いダイエットになるのでおすすめです!

  • 2017.09.25 Monday
  • 00:05

JUGEMテーマ:フィリピン・セブ

 

 

皆さん、こんにちは。英語講師のMariです。

 

今回はMariのママの母国、フィリピンネタでお話していこうと思います。

とくにダイエットされたい方は必読です!笑

 

このブログの読者の方は基本的には英語・英会話・TOEIC学習者の方が多いと思います。あと、フィリピンのこともお話するのでフィリピンに興味がある方もご覧いただけているのではないかなと、思っています。いつも読んでいただきありがとうございます♪

 

前のブログでもお話したのですが、2017年5月にフィリピンに行ってきたのですが、11月にまた1週間ほど滞在することになりました。あ、そろそろWi-Fi手続きしなきゃ…

おすすめ海外用レンタルWi-Fiルーターの記事を書きました!ぜひご覧ください↓↓

http://marienglish.com/?eid=169

 

さて、フィリピンの気候は一年中夏です。平均気温は27〜32度くらいでしょうか。ですから、次行く11月も夏、ということになります。日本を出発するのは11月の秋から冬になろうとしている季節ですね。そのころに常夏の国に行くとは…お洋服を結構考えないといけません。笑

 

そうなんです、フィリピンは夏で、そこそこ暑いです。毎日汗をかきます。半袖、短パン、何枚あってもたりなーい!という感じです。

その代わり、痩せます!

 

いや、これは本当です!ダイエットに悩まされている日本全国のみなさん、フィリピンに行けばそこそこ痩せますよ!笑

 

理由はいくつかありますが、最大の理由はこちらです。

 

大量の汗をかく!!

朝から晩まで、毎日毎日平均27〜32度って、そりゃ汗かきますよ!また食生活も日本人の感覚でごはんを食べていたら(つまり、あまり揚げ物を食べない、など)そこそこ痩せていきます。

私が前回、ヴァケーションで滞在していて3食結構ちゃんと食べていたのにもかかわらず、帰国するころには少し痩せていました。

 

またフィリピンで食事をしようとすると米、魚、肉、野菜を中心としたヘルシーな食事がメインとなります。いわゆるマクドナルドなどの揚げ物を食べようとすると少し値段が上がります。(そりゃそうですよね…。)

 

皆さん、もしフィリピンに語学留学するのであれば、暑さは覚悟しておいたほうがいいでしょう。そして大量の汗をかきます。ついでにちょっと痩せます。笑

 

また今後も英語学習の情報を中心に、フィリピンに関することも配信していきます!

 

今回のブログ記事で「へ〜、なるほどなあ〜。笑」っと思っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです♪

それではまた次回!

See you soon.

-Mari

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

【日記】フィリピン旅行記7

  • 2017.06.29 Thursday
  • 13:21

JUGEMテーマ:フィリピン・セブ

 

 

Hello, everyone! Mariです。

 

さて、前回はフィリピンママの田舎編でした。タルラック州という田舎で2泊3日のんびりゆったり、朝5,6時に起きて、皆としゃべって、お散歩して、お夕飯は皆で食べてビール飲んで…楽しすぎたなあ。。またあの生活に戻りたい。涙

 

さあ、大都会マニラに戻ってきました!

 

 

 

 

 

 

はい!渋滞!!笑

この写真はあまり渋滞ではないですかね。マニラ近郊にきています。渋滞は年々解消されているらしいですが、うーんでもあまり変わらない気がいたします。

 

田舎から帰ってきてマニラでゆっくりしたと親戚10人くらいでこの通りにある韓国焼肉レストランに行きました。

 

かなりの大人数ですが、お肉、ごはん、キムチなど色々こみこみで全員で8000ペソ、日本円だとだいたい1万8千円くらい。…え、10人で1万8千円!!?安!!最高だな、フィリピン。笑 一人だいたい1760円くらいですね。かなりの量を食べたのにこの価格…。フィリピンではやはり日本と比べて物価安なので安い値段で食事をとることができます。500円マックがフィリピンに行けば200〜100円くらいで食べれちゃいます。

 

なのでフィリピン旅行では食事に関してはかなり安めにおさえることが出来るのではないでしょうか。

 

 

焼肉を食べたのは4日目の夜になります。

 

さて次は5日目です。5日目はマニラから少し離れて車で30分〜1時間(渋滞によります…渋滞によってかかる時間が変動します。泣)くらい離れているところにあるグリーンヒルズというショッピングセンターに行きました。グリーンヒルズのお話に関してはまた次回のブログにて!

 

それではまた次回!

See you soon.

 

 

【フィリピン】フィリピンに住む!?

  • 2017.06.23 Friday
  • 09:45

JUGEMテーマ:フィリピン・セブ

 

 

フィリピン大好き、Mariです。

最近は本気でフィリピンに住みたいと考えています。なんとか日本円で稼いで20~30万円あればそれをフィリピンペソに換えれば全く苦労しないライフが送れると思います。キラキラ…。

 

‥垰塢瑤暴擦燹それとも田舎?

首都マニラはかなり発達していて、マカティ地区はとても治安が良いです。道路も整備されていてハワイのワイキキを思い出させます。スーパーもマニラ中心街と比べたらややお値段高め?の商品がありますが、フレッシュで種類も豊富。店員さんの英語もペラペラでタガログ語が分からなくても苦労しません。むしろマカティ地区は歩いているとタガログ語より英語の方をよく耳にします。恐らくフィリピン人の中でも富裕層や他国の投資家やビジネスパーソンがマカティに滞在している、もしくはもう住んでいるのかもしれません。タガログ語幼稚園レベルの私にとっては好都合ですけどね!

田舎もなかなか捨てられません。日が昇るとともに起きて、日が沈むとともに寝る。家族はみんな周りに住んでいるので寂しくない!…ただし、仕事が無いですね。泣 仕事をすると考えるとやはり都市部でしょうか。それとも「こんなところに日本人!?」的なノリで意外な仕事をするのもあり…?

私はマニラとマカティ地区が好きなので、結局都市部に住みたいですけどね。笑

 

∨富なショッピングモール!

私の大好きなモールオブアジア!かなりの広さです。越谷レイクタウンみたいに大きな建物が2,3つに分かれていてショッピングが楽しめます。一日では楽しみ切れません!何回か行ったことありますが、全然まだ、全てを回れていません。

埋立地にできた新しい地区にモールオブアジアはありません。地元住民は「モア」と呼ぶようです。なんだか通ですねw

最初ネットや本でもールオブアジア知ったので、ママが「モア、モア」って言ってたときは「ついに頭おかしくなったかw」と心配してしまいましたが、通だったのはママの方でしたw

目の前は海なので、さわやか海風を堪能することができます。私が行ったときは若干風が強すぎて髪の毛ボサボサになるわ!!って感じでしたがw

中には世界の有名ブランドが連なります。日系ブランドで言うと、ユニクロ、無印良品などがあります。あ、あと吉野家wフィリピンの吉野家は牛丼も売ってはいましたが、何故か弁当が売られてましたw

一度もチャレンジしたことがないフィリピン吉野家w次回こそは…

 

フィリピンライフ、続きはまた次のブログで!

 

See you!

【日記】フィリピン旅行記6

  • 2017.06.16 Friday
  • 13:05

JUGEMテーマ:フィリピン・セブ

 

 

 

こんにちは!Mariです。

フィリピン旅行2日目後半です。ママの田舎はこんな感じです。

 

 

はい、とてものどかな田舎の風景ですね!フィリピンの地方はこんな感じになっているのです。2階建ての家はあまりありません。台風がよく来るので日本でいう平屋がほとんどです。ちょっと予算的に余裕がある過程は2階建てにするみたいですけどね。まあ私は階段が無くてまあいいかなと思っています。村には川が流れていてそこで魚を釣ってお夕飯にします。少しあるくと牧場が広がっていて牛さんややぎさんが「モー。」とか「メー。」とか話しかけてくれます。あ、あと豚さんもたくさんいました。そしてその豚さんもお夕飯に…。私たちは大自然の中で育っているですね。牛さんややぎさん、豚さんがいるから生きてこれるのです。ありがたいありがたい。ちなみにおばさんが食用の豚さんを"business pigs"と言って、もう完全に割り切って豚さんを飼っていました。本当に豚さんに感謝です。

 

こちらがお夕飯に出てきた豚さんです。

フィリピン伝説の豚の丸焼き。

 

なかなかの迫力。これが真実。

美味しくみんなでいただきました。

 

さてママを中心に親戚がガガガガガーと集まります!ママの兄弟、兄弟の子供たち、その子供たちの子供たち、腹違いの兄弟、ママのいとこ、そのいとこの子供、その子供の子供、ってどんだけいるねん!!!!!!!ママの田舎の村はほぼ親戚です。(もちろん全員が全員ではありませんが…。)会う人、会う人、みんな何かしら血がつながっているという感じです。すごいなフィリピン…。フィリピン人の気質として子ども好きというのが上げられるそうです。だからこんなに家族が広がっていくんや…。核家族問題を抱えている日本とは大違いですよね。日本では一つ屋根の下に1つの家族が住んでいることが定番です。いわゆる、パパとママとその子供、でしょうか。もちろんフィリピンも都心部に行けば核家族単位で住んでいるケースもあると思いますが、ママの田舎ではとにかく親戚が隣に住んでいるので気が付いたらたくさんの家族がすぐ集まってきます。これなら全く寂しくないですよね。実際ママの田舎の子供たちはみんな明るくて、元気で、多少貧乏だったとしても、全く気にしない、皆がいるから大丈夫!という感じでした。

 

文化、性格などなどあるとは思いますが、とにかく田舎だったとしてもとてもハッピーな気持ちになりました。

 

さて、日本人、ましては外国人が滅多に来ることがないこの村では、まあ大人気な私。笑

 

ママは親戚に日本のお土産を渡しまくっている間は、私は家族たちとトーキングしていました。あと、フィリピン、かなり暑いです…。基本30度は超えています…。家族たちと話すのは結構なんですが、いかんせんエアコンも持っている家庭は多くなく、屋根の下だとしてもまー暑い。外に出ようもんならもっと暑い。ちょっと家族と話しただけで、私はぜーはーぜーはーいってました…。うーん、毎回、これだけは慣れない…。この暑さに慣れるのにいつも数日かかります。そして慣れたころにいつも帰国するという…。笑

 

さて、久々に訪れたママの田舎ですが、日は暮れてそろそろお夕飯どきですね。

 

続きは次回のブログにて。

 

 

 

【日記】フィリピン旅行記5

  • 2017.06.15 Thursday
  • 16:36





JUGEMテーマ:フィリピン・セブ




 



さあやっと2日目になりました!



 



フィリピン旅行記5なのにまだ2日目って…どれだけこのシリーズは続くのでしょうか。笑



2日目から4日目までは首都マニラを離れてタルラック州というところまで行きます。



 



タルラック州の詳細はこちらのウィキをご覧ください。



https://ja.wikipedia.org/wiki/タルラック州



 



ママの田舎です。マニラからは車で約4時間くらい走らせます。…はあ、また4時間…。羽田からマニラが4時間なのに、また乗り物で4時間…。これぞ海外旅行ですね。



 



途中サービスエリア的なところでドーナツを買ったり、コーラを買ったり、アイスを買ったり休憩しながらやっとこさタルラック州にたどり着きました。



ちなみに昔はHigh Wayはさほど発達しておらず、サービスエリアもはたしてあったかどうか分かりませんw いや、昔はなかったと思います。High Wayもサービスエリアもところどころ見たことあるような日本の会社名がちらほら見えるので日系企業がスポンサーなんでしょうかね?日本みたいなサービスエリアばかりです。(いや、サービスエリアってどこの国に行っても同じなんですかね。)



 



タルラック州はイローカノと呼ばれる、日本で言うと関西弁、東北弁のような方言が話されます。



はああ、タガログで悪戦苦闘しているのにさらにイロカーノですか…フィリピン人はバイリンガルをこえてマルチリンガルの方が多いですね。頭が上がらないです。こんなに多言語のフィリピーノを見ていると、なぜ日本は素晴らしい技術を持った先進国なのに英語力が上がらないだと考えてしまいますね。



 



ママの田舎の詳細は次回のブログにて!



 


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

*profile*

Mari Ue
*英語講師歴約9年
*東京、神奈川、埼玉を中心に活動中
*現在はプライベートビジネス英会話、子ども向けオンライン英会話、英語学習関連記事のライティングなどのお仕事をしています *日本×フィリピンハーフ
*TOEIC950

*Mari Shop*

Mariのオンライン英会話レッスンの予約&購入、英語学習関連記事の作成依頼はこちらのMari Shopからどうぞ! https://marienglish.thebase.in/

*Contact me*

お問合せ・お仕事のご依頼はこちらから↓↓ mari.english.school@gmail.com

Studying English

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM